サイトテーマ移行作業により一部の記事で表示がおかしい箇所があります。順次修正しておりますので、今しばらくお待ちください。

後藤浩二 the EROS at ジャズ・イン・ラブリー「Quiet Thrill」

後藤浩二 the EROS at ジャズ・イン・ラブリー「Quiet Thrill

ジャズピアニスト「後藤浩二」がリーダーを努めるピアノトリオthe EROS(ジ・エロス)
待望のファースト・アルバム!
そのライブCDのレコーディングとミックス・マスタリングをフルハウス岩崎将史が行いました。

キャプション
  • ライブレコーディング
  • ミキシング
  • マスタリング
  • レコーディング

the EROS(ジ・エロス)待望のファースト・アルバム!
後藤浩二、岡田勉、江藤良人の3人が織りなす美しい音に耳を傾けて下さい。
「2月はじめに名古屋に行くんやけど、ラブリー空いてへんかなあ。後藤浩二は空いてるみたいなんやけど。」江藤良人から電話だ。あとはベーシスト、もしくはプラス管楽器奏者。後藤も江藤も僕と同年代、僕がラブリーで働き始めた時期とほぼ同じく、彼らはジャズシーンの第一線での活躍を開始した。それぞれの、ベテランミュージシャンの素晴らしいサポートの現場に何度も立ち会うことができた。ふたりが一緒のライブも聴いてきた。江藤からの連絡をとったとき、ピアニスト益田幹夫トリオのライブが脳裏をよぎった。ドラマーは江藤、ベーシストは岡田勉。ダイナミックと繊細が同居する江藤のドラムと、骨太でセクシーな岡田のベースが益田の想像力を掻き立てる。記憶に残るライブのひとつだ。後藤が生来持っている美しい旋律を紡ぐ能力を、このふたりなら余すことなく引きだしてくれる。いや、それ以上かも。そういうことなら管楽器奏者は要らない。「じゃあ、ベースは岡田さんで、ピアノトリオにしよう。」冒頭の江藤からの問いに、ふたつ返事でそう答えた。あれから6年、この間、3、4ヶ月に1回のゆっくりなペースだが回を重ねるごとに3人は確実に当初の僕の想像を越え、そして確実に客足が伸びていった。このライブレコーディングでのアルバムは、美しく篤い、静かにスリルを感じる、3人が音を創りあげる瞬間を見事に捕らえている。3人はこれからも変わり続けるだろうが、その一時を完成度高く切り取り、僕たちの記憶に刻んでくれる。
2009年4月 長尾泰幸

後藤浩二(p)
岡田勉(b)
江藤良人(ds)
2009年3月28, 29日
名古屋jazz inn LOVELYにて録音

ライブハウスやコンサートホールでの録音も行なっています

メールアドレスをご登録いただきますと、最新記事、お得な情報などをお届けいたします。

お届けする内容
  • キャンペーンの案内
    • 定期的に開催されるお得なスタジオ・サービスなどの限定キャンペーンをいち早くお知らせ
  • ピアノ調律の案内
    • 調律の翌日は調律費用¥24,500が無しで良コンディションのピアノ録音をご利用いただけます。
  • 最新記事の案内
    • 投稿記事の更新情報を配信しています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

株式会社フルハウス 代表取締役
名古屋音楽大学 非常勤講師

作曲・編曲の仕事から起業しスタジオ設立。クラシックからポピュラー、アナログからデジタルまで全てを高次元操り作品をクリエイトしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる