ナレーション録音

こんなことでお悩みではありませんか?

言葉が聞き取りにくい時がある

——— 雑音の多い場所だと何を話しているのか…

部屋の残響が多い気がする

——— 声が遠くてはっきりしない…

音量の差が激しい

——— 音量が一定で見やすい他の動画もあるのに…

イメージに合う「声の人」を見つけるのが大変…

——— 選定、オファー、交渉、できれば任せたい…

録音・編集など完成までに時間がかかる

——— すぐに録音して、すぐに使いたい…

なぜ、このような事が起きるのか?

人間の耳は実は機械よりシビアです。大人数の中で、特定の会話だけを捕まえる事ができるカクテルパーティー効果に代表されるように。録音機械はそこまで優秀ではなく、全ての音を拾ってしまいます。余分な音や響の入った音声は、伝えたいお客様に重要なメッセージを伝えきれずに、いるかもしれません。

音響調性をしていない部屋で録音をしている

ナレーションやセリフなどの音声は、「フェーダー・オートメーション」や「コンプレッション」と呼ばれる技によって、どのような機器で再生しても「楽に聞こえやすい音声」に整音されます。残念ながら、多くの録音ソフトや映像ソフトにこれらを自動で行う機能は備わっていません。

プロが行うべき正しい処理ができていない

ナレーションに限らず、あらゆるコンテンツに重要な役割を果たすのがディレクターです。コンテンツに適したナレーターを複数リストアップし、参考音声を聴き、キャラクター、予算、スケジュールなど最適な条件のナレーターにオファーします。また、当日の録音の進行管理など、短時間、低予算、高品質のためには絶対に欠かせない高度なスキルが必要なポジションです。

ディレクターの不在

弊社ではこういった「ナレーション音声」の問題を、具体的なスキルで解決し、お客様への質の高い音楽作品を提供しています。
最新の作品事例
もっと見る

フルハウスのナレーション録音の特徴事務所や劇団との連携網

複数の声優事務所や劇団と連携し、100名以上の声タレントから「目的」にマッチした「声」をお選び頂けます。
ナレーターをクライアントでご用意頂くのも、もちろんOK

ハイエンド自社スタジオでの高音質録音

弊社レコーディング・スタジオは世界最高峰レベルのサウンドのご提供をお約束します。

ナレーション録音の流れ

リクエストを伺いながらの作品作りから、超特急での完成まで、ご希望をお気軽にお申し付けください。
コンテンツに合わせた最適なナレーション録音をご提案

STEP
打ち合わせ【無料】

お問い合わせフォームか、TELにてお問い合わせください。
担当者が詳細をお聞きし、内容にマッチしたボイスサンプルと見積を作成します。

STEP
ブッキング

打ち合わせを踏まえて選定した、複数のナレーターのボイスサンプルをお渡しして、お聞きいただきます。その上で、一番適したナレーターの希望を伺い、スケジュールをします。

STEP
本番録音

弊社スタジオにて本番の収録を行います。お客様も同席いただき、希望を伺いながら進めることも可能です。

STEP
編集・調整

余分なノイズを除去したり、細かやな音量調整を行なっていきます。出来上がった音声はお渡しして一度ご確認いただけます。

STEP
納品

編集・調整のOKをいただきましたら、適切なマスターフォーマットにて音声ファイルを納品いたします。映像作品への埋め込みやBGMなどとも合わせるMA作業も引き続き行うことも可能です

遠方、海外の方もオンラインでの対応可能

料金

料金は内容によって大きく変わります。
お話をお聞きして具体的なプランをご提案します。

まずはお気軽にお問い合わせください