2020年1月17日〜18日の2日間で開催された名古屋フィルハーモニー交響楽団による愛知県芸術劇場での定期演奏会。
こちらのコンサートレコーディングを行いました。

第475回定期演奏会
〈「マスターピース」シリーズ/畢生の傑作〉

出演

プログラム

    • シューマン: チェロ協奏曲イ短調 作品129*
    • ワーグナー: 楽劇『ニーベルングの指環』より[沼尻版]
      ・序夜『ラインの黄金』より序奏,「ヴァルハラ城への神々の入城」
      ・第1日『ワルキューレ』より「ワルキューレの騎行」,「魔の炎の音楽」
      ・第2日『ジークフリート』より「ジークフリートの角笛」,「森のささやき」,「ブリュンヒルデの目覚め」
      ・第3日『神々のたそがれ』より「ジークフリートの葬送行進曲」,終幕(ブリュンヒルデの自己犠牲)

【ソリスト・アンコール】

  • バッハ: 無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調 BWV1009より第4曲「サラバンド」(※17日のみ)
  • カタルーニャ民謡[カザルス編]: 鳥の歌

第475回定期演奏会 | 名古屋フィルハーモニー交響楽団・オフィシャルページ

日本を代表するオペラ指揮者となった元常任指揮者=沼尻竜典が、13季ぶりに帰還! びわ湖芸術監督がびわ湖リング完結直前に、ワーグナーの「畢生の傑作」を独自の抜粋版で取り上げる。ストラディヴァリウスを貸与されたスペインの新進チェリストも要注目。 ...